Home » 仕事 » アルバイトからプログラマーになる!

アルバイトからプログラマーになる!

プログラマー専門学校へ通って就職したい……けれどちゃんと働ける自信が無いという人もいるのではないでしょうか。
自分はプログラマーとして働けるほどの技術があるのか・会社に勤めてしっかりやっていけるだろうかなどなど、考えれば考えるほど不安になりますよね。
ではプログラマー専門学校へ通っているうちから、アルバイトという形で働いてみるのはどうでしょうか?
プログラマー専門学校に通いながら未来への不安を解消してみましょう!


a0001_001796

プログラマーのアルバイトをするメリット

プログラマーの会社の雰囲気がわかる

もちろん会社によって雰囲気は異なりますが、プログラマーがいる会社がどのようなものなのかある程度は理解できるようになります。
もし自分とは合わないアルバイト先だな……と感じたら、本格的に就職するときにはアルバイト先とは違う雰囲気の会社を選べば良いのです。

プログラマーの仕事を現場で学べる

プログラマー専門学校で学んだ技術を実際の現場で利用できるというのは、プロとして働く時に必ず役立つメリットです。
プロとしてどのような技術を身に付けておくべきか、実際にはどのようにしてトラブルに対応するのかなどをアルバイトで経験しておくと幅の広いプログラマーへと成長できます。

正社員になれる可能性大

これももちろん会社によって異なりますが、プログラマーの場合はアルバイトから正社員へ登用してくれることが多いのです。
自分の会社でアルバイトをしていた人ならば会社のルールや仕事も理解しているので教育もしやすく、正社員になってもらい幅広い仕事をしてもらったほうが時間もお金も節約できるのです。
数年間アルバイトとして働き信用を得なければ正社員登用は難しいかもしれませんが、プログラマー専門学校に通いお金を稼ぎながら就職活動をしていると思えば苦にはならないかもしれませんね。

まとめ

プログラマー専門学校へ行き技術を身に付ければ就職はしやすくなります。しかしそれだけでは理想通りのプログラマーになれる可能性は低い……。
プログラマー専門学校に通っているうちから、自分はどんな会社に勤めたいのか・どんな仕事内容をしたいのかを考えてアルバイトをしてみましょう。
プログラマーを募集している会社はたくさんあるので、色々な会社の面接を受けてみるとよいでしょう。
仕事場の環境を見て回るだけでも将来のイメージがつかみやすくなります。
プログラマー専門学校に通いながらアルバイトでお金を稼ぎ、将来のことを考えてみましょう。

Comments are closed.